大人猫と暮らしたら?(レノ追悼)


うちに来て初ワクチン接種(昨日の続き)

▼ふとんの上で朝日を浴びて眩しそうなレノ。
b0040636_0483173.jpg

昨日の病院に連れて行こうとした所からの続きを書こうと思いますが、
その前に昨晩からの様子をもう少し。

昨日のブログには、レノは病院に行った事自体はあまりなんとも思ってないようだ
と書いたけれど、どうやらそうではないかもしれない。
体はいたって元気なので、問題はない。でもやっぱり怖かったのだ、と...。

レノは時間によって家の中を移動するのだが、昨晩から今日にかけては
いつも以上に、私についてまわっていた。
いつもは、私が寝るころになると、居間から私の部屋に移動してきて
私の掛け布団の上に乗って一緒に眠る事が多いのだが
昨日は、いつもより早い時間に部屋にやってきて、ふとんの上で
ちょっとの物音では起きないくらいぐっすり眠っていた。
その姿を見て、あぁ、気疲れしちゃったのかもなあ、と思った。

そして今朝。いつもレノは早朝5時くらいには起き出す。
今日もそのくらいの時間にまくら元を歩き回っていたので、窓のロールカーテンを
少し開けて、外を見れるようにしてあげた。
私はそのまままた眠ったのだが、かなり早朝から起きていた母によると、
居間には降りてくるが、ちょいちよい私の部屋と居間とを
行ったり来たりしていたそうだ。
いつもレノは、一回起きてしまうと私の部屋には戻らずに、居間に居る事が多い
のだが、もしかしたら昨日の事もあって心細かったのかもしれない。
私が起きてからも、私が移動するたびについてまわって
トイレに入ったり洗面所に行ってしまうと「ワゥーアゥー。」と訴えるように
鳴くのだった。
出かける時も、レノが眠っているのを見計らって出ようとしたのだが
いつの間にか起きて玄関まで降りてきて「アゥー。」と鳴いた。

昨日、無理矢理バッグに押し込めた当人としては、とても胸が痛むというか
そんな事をした私でも頼ってくれるのだね、とレノが余計可愛く見えて
また部屋まで一緒に上がっていって、ヨシヨシなんてやっていたので
出かけるのが遅くなってしまった^^;


ここから、昨日の病院の話。

連れていった病院は、我が家からほど近いところにある。
近いとは行っても車で連れて行ったけれど。
レノは病院に向かう車の中で、心細そうななんとも可哀想になるような
小さな声で「アゥーアゥン。」とずっと鳴いていた。
なんとか落ち着いて欲しいと「レノちゃん、レノちゃん。」とこちらも
一所懸命声をかけた。
病院に着いて、そうっとバッグをかかえこんで待ち合い室へ。

あまり広くはない待ち合い室は、大小のケースをかかえた人でいっぱいだ。
初診の受け付けを済ませて、椅子に座って周りを見回すと
キャリーバッグをもっている人でも、フタを開けていたり
犬を外に出して抱えていたりしている人が多かった。
レノには無理!っていうか、外に出して待ってるのって普通なの??
中には、1才半だという猫を肩に乗せて入って来た人もいた。
首輪とリード付きで、とても大人しい猫だった。
この病院は院長が小動物の診療に力を入れているということで、ハムスターやうさぎ、
フェレットを連れている人も多かった。
私はレノを入れたバッグをヒザに載せて、だまって周りを観察していた。
布製のバッグなので、レノの体温が伝わってくる。
暖かく静か〜になって、どうやら半分眠っていたような感じらしい。
周りの動物達の鳴声がしても、反応する事も無かった。

病院の中はざっと見て、新しく清潔な感じ。待ち合い室では
液晶の大きなテレビでNHKが流れていたりした。
診察室のドアも上部がガラスなので、診察風景が見える。
スタッフも多く、先生らしき人もちらほら見えるが、院長以外はどうやら
若い先生が多いようだ。皆、忙しそうに動いている。
平日の午前なのに混んでいるのは、祝日と連休の人が多いのだろうか?


予約を入れた時間から、50分ほど経った頃、ようやく診察室に呼ばれた。
担当の先生は、やはり若い先生。
こちらが記入した問診票とレノを見ながら、ワクチンについてや
日頃の生活についての注意点など、いろいろ細かく説明してくれた。
おそらく、初診の人に説明すべき事、というマニュアルがあるのか
とにかくこちらが聞く前に、一通りの事を全部説明してくれた。
実は先生が話してくれた内容は、本などで読みあさったのでほとんど
一度は読んだ事ではあったけれど、さらに突っ込んで質問をしても
それに対してはちゃんと答えてくれるし、インフォームドコンセントは
しっかりしている病院らしい。
人間の病院では、私は先生に質問が多いのでうるさがられる事があった。
あからさまにバカにする先生なんかもいて、腹がたったこともあるけど
動物のことは更にわからないのだから、きちんと答えてくれるのは有り難い。

レノはと言えば、診察台をとことこと歩くが、わりと落ち着いた様子。
床に降りようとしたりはするけど、暴れたりする事は全く無かった。
体重を計ってもらったら、ちょうど5キロ。
ちょっとだけ肉付きがいい程度なので、これ以上太らせなければ大丈夫との事。
歯も綺麗だし、少し心配だった耳ダニも心配ないとの事。
レノがまたたびより好きなかつおぶしを止めて下さい、と言われてしまったのは
がっくりだったけど...。味付けしてない物でもナトリウムが多いので
あまりあげないほうが良いとのこと。ううーんそうなのかあ...。
それから、私が「ヒモなどにじゃれて遊ぶ」と書いたのを読んで先生が
ヒモを飲み込んで大変な事になる子が多いので、気を付けて、との事。
これも、よく本でも読んで気を付けていた事だけど、改めて言われると
気を抜かないようにしようと思う。

注射はしっぽの近くにプチッと。
後ろ首に打つのかと思ったら違うんだなあ。病院によるのかな。
注射にも先生にも、さほど恐怖心は感じていないように見えたレノだったけど
どうだったのかなあ。
帰りも先生が入れたら、洗濯ネット無しでバッグに入ってくれた。
帰りの車の中では静かだったレノ。
うちに帰りついてからも、体調のくずれもいっさい無く
ただ、いつも以上に甘えてよく眠った、ということだけ。
初めて自分でワクチンに連れていったので、心配する部分もあったけれど
何ごともなく、レノも大変良い子だった。君は本当に良い子だね。

今日は、昨日いっさい遊ばせなかったせいか、いつもより余計にジャンプして
オモチャを追い掛けていたレノだった。
[PR]
by nyankolog | 2004-11-23 23:48

<< 首輪してくれるかい?      両側ジッバーのキャリーバッグは... >>

2才半で我が家にやってきた猫レノ♂●05年5/23の朝、レノは天国に行きました。今までレノを愛してくださった皆さん、ありがとうございました。
by nyankolog
カテゴリ
全体
レノです。初めまして。
子猫の時のレノ
肥大型心筋症について
外で会ったにゃんこ達
レノにゃん動画
レノのウン○
猫ドライフードレポ
★里親募集★
未分類
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
歯周病
from 病気辞典
リアルドラエモン?!
from うに
エチケットブラシで気持ち..
from ザジ様的日常
ネコ達はバカじゃない
from  WOがキライ!(R)
お手手茶碗
from 猫茶碗
NEWS23にコーヒーカラー
from LA VIE DE BOHEME
マリ−里親募集中!
from 大人猫と暮らしたら?
新春 猫茶碗まつり&お水..
from 猫茶碗
ただ今私のデスクトップは..
from Bulle de tous ..
なにみてんの?
from 薬剤師高橋直子 "なおちん先..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧