大人猫と暮らしたら?(レノ追悼)


<   2004年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧



夜明けとともに起きるニャン。

▼午前7時くらい。レノが起きるのは5時くらいなのでこの頃にはパッチリおめざ。
b0040636_22436100.jpg

▼毎日、朝の光をいっぱい浴びる。
b0040636_2244618.jpg

b0040636_2245728.jpg

夜明けの空を眺めている時間には残念ながら撮れなかったので、今回は
すっかり陽がさんさんと射す窓辺で光を浴びるレノです。
ロールスクリーンをあげてあげると、こうしてじーっと陽の光を浴びています。
早寝早起きななんて健康ニャンコ(笑)。
窓の外の虫発見率も高い窓なので、毎日ここに座るのはかかせないよう。
部屋の中でも、一度虫を見つけた場所は、何度もそこに座って見ている事も
あります。

◆最近のトピックス◆

「脈拍がっ・・・!?」
レノが眠っているそばで、猫本を読んでいた時のこと。
『猫の脈の計り方』という所を読んでいて、正常の脈拍数などが載っていたので
へー、計ってみようかな、と思いレノをふとみると
見た目はぐっすり眠っているようなのに、お腹がいつもより激しく上下している。
はっ?これは脈拍が速すぎるのでは??とギクッとして
「レノ?!どうしたレノ??」と体をさすると、半開きの目がぐるぐる動いている。
体は動かず、目だけぐるぐる回し、脈が速い!
うわーーーっどうしたんだっ??と焦って「レノ!レノ!」と呼びかけると
ものすごい眠そうな顔で起き上がり、フギャ〜〜っと大アクビをした。
どうやら、夢でも見ていたようです。多分・・・。
きっとネズミのオモチャの夢に違いない。

・・・次のは、お食事中の方はお控え下さい。・・・


「菊の紋章」
私が起きる前に、早朝ウンウンをしたらしいレノ。
砂かけをハリキリ過ぎて、少々ソフトなウンウンのど真ん中に可愛いお足が
ストライク。
母が気付いた時には、カーペットの上に山吹色の菊の御紋章がくっきりと・・・。
ハハーーッとひれ伏す間も無く、速攻レノの足を拭くために追っかけたそうです。
自分で、足のにおいをフンフン嗅いでいたというレノ(笑)。
カーペットは幸い、組み合わせ式のマット状だったので、そこだけ外して御紋章は
クリーニングされました。
あ、水戸黄門は葵の紋でしたっけ?
[PR]
by nyankolog | 2004-11-29 22:42


このひと月の変化(睡眠編)

▼座ぶとん3枚重ねの上でうずもれるように眠るレノ。
b0040636_22535678.jpg

▼キレイなお耳です。毛がふさふさ。
一時、かいているので心配だったけど獣医さんに見せたら大丈夫とのこと。
b0040636_2254832.jpg


10日くらい前に書いていた、レノのうちに来てからひと月の変化の続きで
今回は睡眠編です。

前の飼い主さんのおうちでは、寝床はどうしていたのか聞きそびれたまま
なんだけれど、うちに来たその日の晩からレノは、夜眠る時は
私が眠っている布団の上で眠っている。
来た晩のことや、次の晩の話は10/18、19日のブログに書いてあるけれど
とにかく、最初の数日は不安だったのか、夜もなかなか眠らずに鳴いたり
歩き回ったりしていた。私もそれに付き合って、話しかけたりしていたな・・・。
今では夜は眠る子になった。おそらく、元々そうやって生活していたのだろう。

私が、さあ寝るよーと言って掛け布団を広げると、条件反射のように
ゴロゴロフーガーフーガーいいながらふみふみを始める。
そして私が布団をかぶって横になると、必ず顔の近くまできて
顔の近くをふみふみする。
その後、念入りに毛づくろいをして眠りにつくという感じ。
フカフカの座ぶとんに乗っても、いつもふみふみする訳ではないし、
布団を見たら、やみくもに踏み踏みする訳でもないので
「人が布団をかけて眠っている上」というのが一番落ち着くのかも。
昼間、私が体調が悪くて布団で眠っていた時も、いつもの昼間の寝床から
私が寝ているところに移動してきて眠っていたこともあった。

昼間眠る場所は、このひと月で少しずつ変わってきた。
最初の1週間くらいの昼間の寝床は、前のお宅で愛用していたタワーの下のハウスや
人の目も手も届かないような、人間のベッドの下の奥深くだったり
納戸の洋服の下がっている奥の真っ暗なところだったりした。
多分、そうでないと安心できなかったのだろう。

今では、好きな場所を見つけては、そこで眠っている。
タワーの上、カゴの中、人間が床に落とした椅子のクッションの上、
重ねて置いてある座ぶとんの上、など。
人が見ている目の前でも、頭をそっくりかえらせて、お腹を見せて眠る。
もう、どこかに隠れて眠ることは無い。
安心できる自分の家だ、と認めてくれたのだね。

最近、レノが気に入っている昼間の寝床は、私の部屋のテレビの上。
テレビの上のCSチューナーの電源が入っているので、暖かいかららしい。
(でもホットカーペットの上で眠ってるのは見た事ない)
それと、窓が目の前にあるので、観察できるのも楽しいのだろう。
傾斜した屋根の面にある窓なので、鳥が屋根を越えて飛んでいくのを見たり
ガラスに止まる虫が、自分の上に歩いているように見えるのも楽しいのかもしれない。
早朝、レノが窓に向かって「アキャキャキャ!」と騒いでいたので見ると
ガラスの向こうに虫が飛んでいたかららしかった。
シャターチャンス!だったが、あまりの眠さにそのまま寝てしまった^^;
明け方、朝焼けを眺めていたレノも、なかなか絵になっていたので
今度は撮りたいなあ。
[PR]
by nyankolog | 2004-11-28 23:07


あくび5連発。

▼うがーーーーー
b0040636_23252615.jpg

▼ぐぁあーーーーー
b0040636_2325504.jpg

▼がぉおーおおおおーー(て感じ。こうなると猛獣みたい。父撮影)
b0040636_2326117.jpg

▼ふぁ〜〜あ(これは以前載せたもの。このくらいはカワイらしい)
b0040636_2326114.jpg

▼んがーあああああああ(食われそうです)
b0040636_23262261.jpg

今度はもっと可愛らしいアクビを撮ろう・・・。
[PR]
by nyankolog | 2004-11-26 23:33


首輪してくれるかい?

▼首輪のような物を試しに作って、レノにしてもらいました。
b0040636_2354268.jpg

▼横からもどうぞ。(銅像のように姿勢のいいレノさん)
b0040636_236635.jpg

▼首輪をするとストレスになる事があるそうな。なので、気持ちいいなでなでをして
いち早く首輪をしてる事実を忘れさせると良い、と本にあったのでさっそくなでなで。
「え?今なんか首にされたような・・・。ん~きもちえ~・・・。」
b0040636_2362173.jpg

▼「あー気持ちええわー・・・。」 クタッ。 (すでに首輪は忘却の彼方へ・・・。)
b0040636_2363955.jpg


▼ZzzZzzz.....(お兄さん、歯出てますよ。)
b0040636_2364992.jpg

[PR]
by nyankolog | 2004-11-25 23:18


うちに来て初ワクチン接種(昨日の続き)

▼ふとんの上で朝日を浴びて眩しそうなレノ。
b0040636_0483173.jpg

昨日の病院に連れて行こうとした所からの続きを書こうと思いますが、
その前に昨晩からの様子をもう少し。

昨日のブログには、レノは病院に行った事自体はあまりなんとも思ってないようだ
と書いたけれど、どうやらそうではないかもしれない。
体はいたって元気なので、問題はない。でもやっぱり怖かったのだ、と...。

レノは時間によって家の中を移動するのだが、昨晩から今日にかけては
いつも以上に、私についてまわっていた。
いつもは、私が寝るころになると、居間から私の部屋に移動してきて
私の掛け布団の上に乗って一緒に眠る事が多いのだが
昨日は、いつもより早い時間に部屋にやってきて、ふとんの上で
ちょっとの物音では起きないくらいぐっすり眠っていた。
その姿を見て、あぁ、気疲れしちゃったのかもなあ、と思った。

そして今朝。いつもレノは早朝5時くらいには起き出す。
今日もそのくらいの時間にまくら元を歩き回っていたので、窓のロールカーテンを
少し開けて、外を見れるようにしてあげた。
私はそのまままた眠ったのだが、かなり早朝から起きていた母によると、
居間には降りてくるが、ちょいちよい私の部屋と居間とを
行ったり来たりしていたそうだ。
いつもレノは、一回起きてしまうと私の部屋には戻らずに、居間に居る事が多い
のだが、もしかしたら昨日の事もあって心細かったのかもしれない。
私が起きてからも、私が移動するたびについてまわって
トイレに入ったり洗面所に行ってしまうと「ワゥーアゥー。」と訴えるように
鳴くのだった。
出かける時も、レノが眠っているのを見計らって出ようとしたのだが
いつの間にか起きて玄関まで降りてきて「アゥー。」と鳴いた。

昨日、無理矢理バッグに押し込めた当人としては、とても胸が痛むというか
そんな事をした私でも頼ってくれるのだね、とレノが余計可愛く見えて
また部屋まで一緒に上がっていって、ヨシヨシなんてやっていたので
出かけるのが遅くなってしまった^^;


ここから、昨日の病院の話。

連れていった病院は、我が家からほど近いところにある。
近いとは行っても車で連れて行ったけれど。
レノは病院に向かう車の中で、心細そうななんとも可哀想になるような
小さな声で「アゥーアゥン。」とずっと鳴いていた。
なんとか落ち着いて欲しいと「レノちゃん、レノちゃん。」とこちらも
一所懸命声をかけた。
病院に着いて、そうっとバッグをかかえこんで待ち合い室へ。

あまり広くはない待ち合い室は、大小のケースをかかえた人でいっぱいだ。
初診の受け付けを済ませて、椅子に座って周りを見回すと
キャリーバッグをもっている人でも、フタを開けていたり
犬を外に出して抱えていたりしている人が多かった。
レノには無理!っていうか、外に出して待ってるのって普通なの??
中には、1才半だという猫を肩に乗せて入って来た人もいた。
首輪とリード付きで、とても大人しい猫だった。
この病院は院長が小動物の診療に力を入れているということで、ハムスターやうさぎ、
フェレットを連れている人も多かった。
私はレノを入れたバッグをヒザに載せて、だまって周りを観察していた。
布製のバッグなので、レノの体温が伝わってくる。
暖かく静か〜になって、どうやら半分眠っていたような感じらしい。
周りの動物達の鳴声がしても、反応する事も無かった。

病院の中はざっと見て、新しく清潔な感じ。待ち合い室では
液晶の大きなテレビでNHKが流れていたりした。
診察室のドアも上部がガラスなので、診察風景が見える。
スタッフも多く、先生らしき人もちらほら見えるが、院長以外はどうやら
若い先生が多いようだ。皆、忙しそうに動いている。
平日の午前なのに混んでいるのは、祝日と連休の人が多いのだろうか?


予約を入れた時間から、50分ほど経った頃、ようやく診察室に呼ばれた。
担当の先生は、やはり若い先生。
こちらが記入した問診票とレノを見ながら、ワクチンについてや
日頃の生活についての注意点など、いろいろ細かく説明してくれた。
おそらく、初診の人に説明すべき事、というマニュアルがあるのか
とにかくこちらが聞く前に、一通りの事を全部説明してくれた。
実は先生が話してくれた内容は、本などで読みあさったのでほとんど
一度は読んだ事ではあったけれど、さらに突っ込んで質問をしても
それに対してはちゃんと答えてくれるし、インフォームドコンセントは
しっかりしている病院らしい。
人間の病院では、私は先生に質問が多いのでうるさがられる事があった。
あからさまにバカにする先生なんかもいて、腹がたったこともあるけど
動物のことは更にわからないのだから、きちんと答えてくれるのは有り難い。

レノはと言えば、診察台をとことこと歩くが、わりと落ち着いた様子。
床に降りようとしたりはするけど、暴れたりする事は全く無かった。
体重を計ってもらったら、ちょうど5キロ。
ちょっとだけ肉付きがいい程度なので、これ以上太らせなければ大丈夫との事。
歯も綺麗だし、少し心配だった耳ダニも心配ないとの事。
レノがまたたびより好きなかつおぶしを止めて下さい、と言われてしまったのは
がっくりだったけど...。味付けしてない物でもナトリウムが多いので
あまりあげないほうが良いとのこと。ううーんそうなのかあ...。
それから、私が「ヒモなどにじゃれて遊ぶ」と書いたのを読んで先生が
ヒモを飲み込んで大変な事になる子が多いので、気を付けて、との事。
これも、よく本でも読んで気を付けていた事だけど、改めて言われると
気を抜かないようにしようと思う。

注射はしっぽの近くにプチッと。
後ろ首に打つのかと思ったら違うんだなあ。病院によるのかな。
注射にも先生にも、さほど恐怖心は感じていないように見えたレノだったけど
どうだったのかなあ。
帰りも先生が入れたら、洗濯ネット無しでバッグに入ってくれた。
帰りの車の中では静かだったレノ。
うちに帰りついてからも、体調のくずれもいっさい無く
ただ、いつも以上に甘えてよく眠った、ということだけ。
初めて自分でワクチンに連れていったので、心配する部分もあったけれど
何ごともなく、レノも大変良い子だった。君は本当に良い子だね。

今日は、昨日いっさい遊ばせなかったせいか、いつもより余計にジャンプして
オモチャを追い掛けていたレノだった。
[PR]
by nyankolog | 2004-11-23 23:48


両側ジッバーのキャリーバッグは気を付けよう!

▼王道的に可愛らしい物には、ほとんど興味が無い私なので、普段はディズニー物は
買いませんが、あまりの手触りの良さ(パウダービーズ入り)と、ちょうど良い
大きさと、100円という激安にて、レノ用まくらとして買ったハート型のプーさん
クッション。(某100円ショップで購入)
ピンクとプーさんは好みでないので、自分でカバーを作ろうかなと思いつつ
とりあえず横に置いてみたりしています。しかし本ニャン興味なしの模様。
b0040636_23293534.jpg

b0040636_23294489.jpg

今日は、レノのワクチン接種の日だ。
元の飼い主さんの行っていた病院に行こうかと思っていたのだけど
近所を自転車で走っている時に、ふと見つけた病院をネットで調べてみたら、
悪くなさそうだったので、そこに行ってみる事にした。
近所だし、救急の診療もしている病院だそうで、設備なども整っているようだ。
あらかじめ、病院のHPの問診票をプリントして書き込んで、バッグの用意もしたし
さあ、後はレノが素直にバッグに入ってくれれば問題ない。
キャリーバッグには、開封したそばから自分で入っていたし
数日、バッグをそばに置いて見なれた物にしておいたから
大丈夫だろう、そう思っていた。

ところが、さあ病院に行くから入ってね〜と、出かける直前になって
レノを抱き上げ、大きく口の開いたキャリーバッグに、足から入れようと
するが、足を踏ん張りなかなか入ってくれない。
しまいには、三人がかりで必死に鞄に押し込めようとしたが
足をばたばたしたり、押さえてジッパーを閉めようとすると、頭を必死で
突き上げてきて、飛び出してしまう。
レノは全く鳴声を立てない。無言で必死の抵抗だ。
可哀想だが、病院には連れていかねばならないので、こっちも必死で
ヒゲを挟んだりしないよう気にしながら、なんとかバッグに入れた。

やっとの思いでレノに入ってもらったバッグを玄関に置き
部屋に忘れてきた問診票を取りに行って、戻って来てビックリ。
すっかりバッグから抜け出したレノが、不満げな表情で4つ足踏ん張って
こっちを見ているではないか...。
はあっ??もうバッグ壊れた??!!と唖然とする私をしり目に
さっさと2階に上がってご飯の続きを食べていたレノ(笑)。
バッグを見ると、壊れている形跡はない。
どうやら、両方向から閉めるタイプのジッバーだったため
両方を中途半端な位置までしか閉めていなくて、空いていた隙間から
頭を押し出して、ジッパーを開けて出てしまったようだ。

これは盲点だった。
片方向からだけ閉めるジッパーなら、最後まできちっと閉めたという
感覚があるから、閉め忘れは少ない。
でも両方向から閉めるタイプで、しかもバッグの形が四角形で、
(前日のブログにあるURLを参照)
ジッパーがその四角い形にぐるっとそって付いているともなると、
意識をしてきっちり閉めない事には、今回のような事になりかねない。
逃げ出した場所が、室内だったから良かった。
まあ、外に置き去りにしてその場を離れることはあり得ないけど...。

これに関しては、メーカーさんに工夫してくれるよう言ったほうがいいかもしれない。
例えば、ジッパーを閉めた後、両方のジッパーの金具が離れないようパチンと
合体するとか、固定して引っ掛けられるとかして閉め忘れを無くす仕様にするか、
ジッパーを閉めて更にその上からマジックテープで、閉まるようにするとか...。
バッグの中にはリードを固定するところもあるので、首輪とリードをつけて
固定して入れるのが、最低条件なのかもしれない。
でも猫ちゃん用に買う人もいる訳で、首輪をしない子も猫には多いだろう。
良いメーカーさんだと思ったので、そういう事まで考えてくれたら嬉しいかな。

とにもかくにも、両側から閉まるジッパーの閉め忘れには
みなさんお気をつけ下さい!!!

ええと、それから、バッグ以外の事をもうひとつ。
おそらく猫に慣れた方には常識かと思われますが、暴れる時はまず洗濯ネットですね。
さんざん苦労してバッグに入れた後で、気付きました^^;
それで、バッグから出られてしまった後、もう一度中に入れる時には
レノに洗濯ネットをまずかぶせてから入れたら、なんの苦も無くバッグに
入れられました。全く、気付くの遅かった...。
レノたん、ごめんよ。
ネットをかぶせても嫌には違いないだろうが、必死に詰め込むよりはいいよね。


肝心の病院については、注射を打たれた瞬間も平気で、知らん顔してました(笑)。
家に帰っても、いつもと変わった様子は無く、今も後ろで眠っています。
今日は多分、病院よりもうちで無理矢理バッグに入れられた事のほうが
怖かったかもね...ゴメンよおおお!!!といつも以上に優しく声をかけて
優しくなでなでしていたわってあげました。
でもさっきは、あんなにイヤイヤしたバッグに自分で近付いて、興味深げに
ぐるぐる回ってにおいをかいでいました。もう忘れちゃったのか?(笑)

◆今日の教訓◆
・猫には力技の前に、知恵を働かせよ。
・何に関しても開け閉めは、念には念をいれて。

長くなってしまったので、行った病院についてなどはまた次回...。
[PR]
by nyankolog | 2004-11-22 23:33


キャリーバッグ---その後。

▼眠り猫の置き物と眠る猫
b0040636_20562933.jpg

先日書いたキャリーバッグの件。

不良品を返品する為、ショップへ電話。
同じメーカーの商品と交換では不安なので、別のバッグメーカーの物を
代わりに注文しようしたけど「その商品は来月の入荷になります。」との事。
早めにワクチンを打ちに病院に連れて行きたいので、
注文は断って返品のみにしてもらい、別の店に電話で問い合わせ。
すると、在庫有りますとの事で、すぐ送ってもらえた。
届いてみると、さすがにバッグメーカーだし、値段も前の不良のあった
メーカーの物の倍ちょっとするだけあって、作りもデザインも
比べ物にならないくらい良い。
んん、まあ、これより安くても良いものはどこかに存在するかもしれませんが...

買ったものはこちらのヒッコリーストライプのミドルサイズ。
返品したものは、これより小さかったけど、これは5キロのレノに
ジャストサイズだと思う。
http://www.pheelitdogs.com/online_store/store.html

最初は少々高いかなと思っていたけど、作りの良さとデザインを考えれば
下手な物を買うより良い。ここのは他の種類のも素敵です。
初めは、リュックにしようと思っていたんだけど、ひとつは黒くて
ちょっとイカツイ事と、もうひとつの腰で背負えるヒップバッグ型は
メッシュ部が上だけで、夏は暑そうだなあと思い、結局ショルダーに。

いざ背負わなければならない時の為には、自分で、そのショルダーごとすっぽり入る巾着状のリュックでも作ってみよう。
素早く猫を中に入れたい場合は、逆に直接その巾着をかぶせて
捕まえたほうが早いかもしれない。
(相変わらず、緊急事態をシュミレーションしてる人)

普段は、通販ではデザインや使い勝手が重要な物はほとんど買わない。
近くにキャリーバッグを数多く揃えてるところが無いので、仕方なく通販に
頼ったが、今回の事で、通販の買い物はやはり慎重にならないと、と改めて思った。

レノのほうはといえば、新しい素敵なほうのキャリーバッグには、箱を開封して
出したそばから、自分で中に入っていた(笑)。
本にゃんも気に入ったみたいで良かった。
明日はこれでワクチンを打ちに行ってきます。
[PR]
by nyankolog | 2004-11-21 21:03


しあわせの日だまり

▼日だまりのしあわせ寝顔。
b0040636_23204123.jpg

▼日だまりのしあわせ肉球。
b0040636_23205490.jpg

▼やっぱりお顔を隠すのね。
b0040636_2321745.jpg


本日で、レノたん我が家に来て1ヶ月記念♪
さすがに寒くなって来たせいか、日なたで気持ち良さそうにしている事も
多くなった。

昨日から混ぜてあげている、ちょい高級なフードが気に入った様子で
食べている時の真剣味が違う。
人間のお酒のツマミにできそうな、美味しそうな匂いがするもの。
美味しそうに食べていると、やっぱり嬉しい。



おとといの続き、レノのこの1ヶ月の変化を...。
今回はお客さんについて。


最初の頃は、以前「ピンポンダッシュ猫」で書いたように、まさにインターホンの
チャイムの音と同時に、ダッシュで安全な場所へ逃げ込む、が常だった。

レノの姿を見たいといって、驚かさないようチャイムを鳴らさないで
入ってきたお客さんに対しても、姿を確認するやいなや
一瞬で階段を駆け上がって、姿を隠してしまった。
この時、驚いた出来事が。
「レノ、怖くないよ大丈夫よ〜。」と私が連れ戻しに行って、なんとか
階段の踊り場まで連れ戻したので、壁の向こうにいるお客さんに向かって
「ここに(レノが)いるから、そうっとそこから覗いて見て下さい。」と言ったら
そのとたん、お客さんが覗く前に、レノがまたダッシュで逃げた。
ありゃ、レノってば言葉わかってる??って思った瞬間だった。
家族にではない誰かに話し掛けている感じが、語調で分かってしまったのかな。

言葉がわかると言えば、眠っている時、物音で目を覚ましてキョロキョロするので
「なんにも(怖いの)ないよー。」と声をかけると、安心したように
また眠りにつくようになった。


話を戻すと、そんなこんなで、しばらくは、レノはどう見ても
お客ギライな感じだった。
やれやれ、これじゃ友達が来ても見せられないなあーと思っていたら
じょじょに変わっていった。
父の友人の猫好きだという方や、猫を飼っている方は難なく近付く事ができたし
チャイムが鳴っても、前ほどの異常な怖がりようは無くなった。
チャイムが鳴ると、まだ怖がる時もあるけれど、そばに居てあげれば
気にせず、そのまま眠ってしまうこともある。
ただ、最近は来客には恐怖心より、好奇心のほうが勝ってきているみたい。
チャイムが鳴ると、わざわざ確かめに行こうとするし。
怖いもん見たさ、みたいなものなのかな。

しばらく前に、可笑しかった出来事がひとつ。
私の部屋でレノが眠っていた時、チャイムが鳴ってガラス屋さんがガラス交換の
ために隣の部屋に入っていった。
レノは怖がっていると思いきや、なんと完全に閉まっていなかった
戸を自分で前足で押して開けて、隣のガラス屋さんを自ら確認しに行くではないか。
そしていざ、見知らぬ人を目の前にしてひるんでしまったのか
自分で見に行った癖に、その部屋のベッドの下に急いで隠れていた(笑)。

お客さん、というより「未知のもの」への興味というのかなあ。
入ったことの無い場所へも、すごく興味があるようで
人間が人間のトイレに入ろうとすると、毎回、トイレの中の様子を覗こうとするので
入る時は、レノを挟まないよう、そーっとドアを閉めなければならない(笑)。

最初は入れないようにしていた仏壇の部屋も、人間が一緒の時は遊ばせる
ようにしている。そういう、時々入れる部屋を探検するのも好きなようだ。
でも、外にはまだ出て行こうとした事はないな。
ベランダにも出たがったりしないし。
ただ、これだけ好奇心旺盛なので、そのぶん特に気を付けている。
何かに驚いた時の、逃げ足の速さといったらないもの。
あの速さで外に出られたら大変。

今までこうだと思ってたのに...っていうのは猫には通用しない。
それも、このひと月で知ったこと。
人間のご飯への興味、気に入らないと思ったベッドである日眠っていた事、
飽きたと思われたオモチャにまた感心を示すようになった事、など
あれっ?っと思わされる事も多い。
気紛れで変わる事もあるだろうし、よくよく追求するとキッカケや
理由がある事も多そうだ。
人と同じだと思えば、そう不思議でもないかもしれない。
環境と気分と状況で変わる事はあるよね。

猫とうまく付き合うには、飼っている、という御主人様的意識だとダメな気がする。
そもそも自分はそういう意識はないが、保護者的な意識は強いので
そういう意味では、接し方を間違ってしまうこともあるかもしれないなぁ。
よく言うことかもしれないけど、猫という一個人というふうに考えると、
猫の気持ちもわかりやすくなりそうな気がする。
人間は、このほうがいいに決まってる!と思いこみがちだけど、
そんなの猫には余計なおせっかいかもしれない。
人間もまた、猫に認めてもらう事でうまく行くのかもしれない。
ともあれ、猫のしあわせは人間が握っている事には他ならないので
(それが人間のしあわせにもなる訳だし)
猫道?を自分なりにゆっくり極めていきたいと思っている次第である...。

あれ、
まだ続き書くつもりなのに、なんだかまとめてるみたいになってしまった。
[PR]
by nyankolog | 2004-11-17 23:23


どんなキャリーをお使いです??

▼スーパージャ〜んぷ!
b0040636_23531887.jpg


▼、、、な訳にゃい。
b0040636_23533085.jpg


▼ツチノコ顔。
b0040636_23533979.jpg


▼ミーアキャット風。
b0040636_23534973.jpg


▼立って歩ける?
b0040636_2354164.jpg


▼「ボクの写真で遊ばにゃいでっっプリリン。」
b0040636_1175515.jpg


昨日の続きを書こうと思ったのだが、ちょっと脱線。
通販で注文したキャリーバッグが届いたのだが、これがガックリ。
そう安いバッグでは無かったのに、なんと作りの粗雑な事か。
横のジッパーがまともに閉まらない。こんなのに5キロの子入れられるかい!
それと、これはありがちな事だが、写真より安っぽい。
明日、別のメーカーの物に変えてくれるよう電話するつもり。
そちらは値段は倍以上するが、バッグのメーカーなのでこんな事はあるまい。
デザインもそちらのほうがステキだし。

最近、何かで避難しなければならない事もあるかもしれない、と
レノを背負って走る自分を想像してしまう(笑)。
そんな事はあってほしくないけど^^;

普段のことを考えれば、そんなに背負うことはないと思うけど
背負えるタイプのほうが安定するし、自分もレノも安心できそう。
背負えるタイプって、いろいろ探してもなかなか良いのが無かったのよね。
変えてもらう予定のバッグは、普段自分が使ってるバッグよりぜんぜん高いけど^^;
中途半端に高くて、粗雑な物よりよっぽどいい。
新しいのが届いたら、また続きを書きます。
[PR]
by nyankolog | 2004-11-16 23:51


うちのコになって1ヶ月。

▼なんだか最近ヒゲが長くなった。生え変わりの時期?
体の毛は、冬毛が生え揃ったようで、一時よく抜けてふぞろいだったのが
前より細かいすっべっすべの柔らかな毛並みに。
b0040636_22531751.jpg


もうすぐ、レノがうちのコになって1ヶ月。
慣れるのは早いコではあったけれど、少しずつ気をゆるして
変わってきた部分もある。
変わってきた部分...例えば...

鳴き方。
とにかく、最初より圧倒的によく喋るようになった。
鳴声というより本当にしゃべってるみたいなトーンだから、うるさい事は全くない。
毎日聞いても飽きない、本当に可愛らしい高い声でしゃべる。
そのうち、いろんな鳴き方を録音してみたい。

寝相。
最初はタワーのハウスの中に入っている時以外は
横にはならずに、足を体の下に折り畳んで座ってるみたいな寝かただったと思う。
最近は人間から見える所で、頭をそっくり返らせたり、足を伸ばしたり
ゆったり寝ている事が多い。
寝ている時に、部屋を出入りして物音がすると、ピクッと動くが
私だと気付くと、安心して余計に足をビロ−ンと伸ばしたり、お腹を見せたりする。
最初の頃は、伸びもアクビもしなかったから、レノなりに
まだ緊張があったのかもなあ。
最近は、寝起きに伸びをしながら歩いていたり、アクビをしながら
返事をするくらいだから、かなりの変わりよう。

ゴハン。
ゴハンの内容自体はまだそんなに変えてないのだが
とにかく人間のゴハンへの興味を、強くしめすようになった。
今日は、まだ焼く前の餃子に歯形を付けたそうだ(笑)。
食卓からゴハンをあげる事はしていないし、食卓に飛び乗るのも
ダメ!としつけてはいるのだが、スキを見てはチャレンジしてくる^^;
ゴハンの不満がつのると可哀想なので、違う種類のフードをまぜたり
大好きなかつお節をあげたりはしているのだけど
それでも、やはり人間が食べている物に興味があるみたい。
食卓に飛び乗って叱られた後は、出窓に乗ってみんなが食べているのを
眺めていたりする。
来た当初は、人間がご飯中でも食卓に少しも興味を示さなかったので
その点も変わった。
ただ、食卓に飛び乗るのに関しては、昨日、飛び乗りそこなって
すべり落ちたせいか、今日は飛び乗らなかった(笑)。
それともしつけの成果か??

まだいろいろあると思うので、続きはまた...
[PR]
by nyankolog | 2004-11-15 22:59

    

2才半で我が家にやってきた猫レノ♂●05年5/23の朝、レノは天国に行きました。今までレノを愛してくださった皆さん、ありがとうございました。
by nyankolog
カテゴリ
全体
レノです。初めまして。
子猫の時のレノ
肥大型心筋症について
外で会ったにゃんこ達
レノにゃん動画
レノのウン○
猫ドライフードレポ
★里親募集★
未分類
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
歯周病
from 病気辞典
リアルドラエモン?!
from うに
エチケットブラシで気持ち..
from ザジ様的日常
ネコ達はバカじゃない
from  WOがキライ!(R)
お手手茶碗
from 猫茶碗
NEWS23にコーヒーカラー
from LA VIE DE BOHEME
マリ−里親募集中!
from 大人猫と暮らしたら?
新春 猫茶碗まつり&お水..
from 猫茶碗
ただ今私のデスクトップは..
from Bulle de tous ..
なにみてんの?
from 薬剤師高橋直子 "なおちん先..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧